So-net無料ブログ作成

金本、1492試合連続フルイニング出場 [記録]

ついにこの大記録が途絶える時がやってきました。
4月18日の横浜戦、阪神のスターティングメンバーの4番に金本の名前はありませんでした。

金本は広島カープ時代の1999年7月から、
途中交代もなく、1試合も欠かさずに試合に出続けるという偉業を、
10年以上も続けてきました。

これまでも金本は、手に足に、たびたび故障をして、
時には骨折のような大きな怪我もありましたが、出場しながら治し、
そして記録のためだけではなく、結果もしっかり残しながら、記録を伸ばしていきました。

そして2006年には、カル・リプケンの持つ903試合連続フルイニング出場という記録を抜いて、
世界記録を樹立しました。
その記録は今年、2010年まで伸ばし続けていましたが、
4月18日、ついに記録は途切れることになりました。

今年はとにかく、肩の故障に苦しんでいました。
バッティングでももちろん、外野守備でも思うようなプレーができず、
苦しんだ末に、「チームに迷惑はかけられない」と自らスタメンを外れることを申し入れたそうです。


金本の記録に関しては、私自身も、毎年、阪神の戦力分析をする上で、考えていました。
もちろん連続フルイニング出場というのは素晴らしい記録で、
いち野球ファンとしては続けて欲しい記録ではありましたが、
金本に代走や守備固めを出せないのはある意味では、
阪神の弱点になっているのではないかとも思っていました。

記録がスタートした当初の金本は走攻守、すべてに秀でた万能プレーヤーでした。
それだけに、代走や守備固めは考える必要もありませんでした。
しかし、近年は怪我の影響もあって、「走攻守」の特に「走」と「守」の面で、
若干の衰えを感じる部分はありました。
選手として、チームリーダーとして、金本は欠かすことのできない存在ですが、
「走塁だけ」「守備だけ」で考えた時に、もっと優れた選手は阪神にいます。
代走や守備固めというのは、絶対ではありませんが、
勝利の確立を上げるために必要な采配だと思います。

私は金本選手の記録を尊敬しています。
それは、一日も休まず、試合に出続けていたことはもちろんですが、
その連続出場の記録に、数字として結果がついて来ていたからです。
毎年の二桁本塁打に3割近い打率、そしてそれがあっての連続出場です。
きつい言い方になるかもしれませんが、



イニング最多得点、打点、連続得点~千葉ロッテマリーンズ~ [記録]

11日の試合のロッテ打線の勢いはとてつもないものでした。
2回、広島の末永のタイムリーで2点を先制されますが、
その裏、早坂のタイムリー3塁打ですぐに同点に追いつきます。

さらに続く3回、大松が四球を選び、
橋本、サブローがヒットで満塁とします。
そして大竹の暴投で1点を追加し、勝ち越します。
そして里崎が四球で再び満塁にすると、今江がホームラン!
早くもロッテは7点を取り、広島は大竹から小松に投手交代します。

小松は4、5回は無失点に抑えたものの、
6回にロッテの猛攻を受けます。
先頭打者の福浦がヒットで出塁し、
続く大松は外野フライに終わるものの、井口がヒットで1、3塁とします。
さらに橋本がタイムリーで、続くサブローが四球を選び満塁とします。
ここで広島は小松からドーマンに交代します。
しかしドーマンもロッテの流れを止められず、
里崎のタイムリーで1点を追加し、なおも満塁。
さらにランビンもタイムリーで、なおも満塁。
そこから今江が押し出しの四球、
早坂が死球で、さらに福浦がタイムリー。
なおも満塁から大松がタイムリー2塁打。
ドーマンはアウトを取れないまま、森に交代します。
しかし森もロッテの勢いは止められません。
代打の塀内もタイムリーを放ち、
橋本もヒットで続きます。
そしてサブロー、里崎の連続タイムリーが出て、
ランビンは死球で再度満塁になります。
ここでショートの小窪が今江の打球を悪送球でさらに満塁。
さらに代打の田中雅が犠牲フライを放ちます。
そして福浦の代走に出ていた堀に打席が回り、タイムリー。
続く大松のライトフライでようやく攻撃が終わりました。

その後7回にも里崎のタイムリーが飛び出し、
終わってみれば23-2の大勝でした。

1イニング15打点、15得点、14者連続得点はプロ野球記録ですし、
井口から里崎までの3四死球もプロ野球記録です。

ホームラン1本だけで23点というのがいかにもロッテらしくていいですね。
ファンも見ていてこの上なく嬉しかったのではないでしょうか。
これを機に打線が盛り上がって欲しいです。

ところで、広島のブラウン監督が「今日の勝者はカープファン」と言っていました。
確かに、勝敗は勝負の常ですし、応援しているチームが必ず勝つなんてことはありえませんが、
これだけ大量失点されると応援しているチームといえ嫌になってしまうものです。
現に、この試合ほどではないにしても、序盤に大量リードを奪われた試合で、
カープファンがお弁当をグラウンドに投げ込むということがありました。
それを見た後だったので、この試合のカープファンは最後までよく応援したと思いますね。
今後はそんなファンのためにも、ふがいないこれほどまでにふがいない試合は避けたいですね。



イチロー8年連続200本安打 [記録]

絶対やってくれると思っていましたが、やはり達成してくれると非常に嬉しくなります。
200本安打というのは、日本とメジャーの違いはあれ、日本球界でもイチロー選手以外には青木選手とラミレス選手しか達成できていない大記録です。それを8年連続で達成するというのは並大抵のことではありません。
メジャーリーグで8年連続200本安打というのはウィリーキーラーという選手が達成していらい、107年ぶりの快挙だそうです。日本人選手がアメリカで、100年以上成し遂げることのできなかった記録を達成するというのは改めて感動しますね。
年はすでに今年35歳になるイチロー選手ですが、一向に衰える様子はありません。今後も日米問わず、記録を塗り替えていってほしいです。



小笠原選手サイクルヒット達成! [記録]

9月3日の巨人-広島戦で、小笠原選手がサイクルヒットを達成しました。
この日の小笠原選手は初打席でセンターへシングルヒットを放ち、次の打席はセンターフライに倒れるものの、次の打席でホームラン、さらにその次の打席ではホームランより難しいと言われる3塁打を放ちます。そして8回、ライト方向への2塁打を放ち、見事サイクルヒットを達成しました。セリーグでは30人目の快挙だそうです。
今年は怪我の影響もあってか、打率も小笠原選手にしてはそれほど高くありませんでしたが、チャンスに強いバッティングと、プレーでチームを引っ張る力は健在です。

まだリーグ優勝も狙える位置にいますので、小笠原選手のますますの活躍に期待したいところですね。



イチロー選手、日米通算3000本安打達成! [記録]

イチロー選手が日米通算3000本安打を達成しました。日本では2000本安打を打った選手は名球界入りしますし、達成したほとんどの選手がその野球人生の晩年に達成することを考えると、この記録は言うまでもなくすごい記録です。
メジャーに行ってからは、7年連続で200本安打を記録しそれが継続中です。メジャー最多安打も記録していますし、イチロー選手に関する記録をたどれば本当にキリがありません。
イチロー選手にとって、3000本はあくまで通過点でしかありません。本人もそう言っています。生涯のヒット数がいくつになるのか、まったく見当がつきませんが、目標は大きく、次は4000本を期待したいところです。



山本昌投手200勝達成! [記録]

ドラゴンズの大ベテラン山本昌投手がついに大記録を達成しました。
200勝を目前に昨季は2勝と足踏みし、なかなか達成できないでいましたが、今期は好調に勝ちを積み重ね、7勝目が通算200勝となりました。これまでコツコツと積み重ねてきた勝利ですが、最多勝や沢村賞、史上最年長ノーヒットノーランなど華々しい結果を残しています。
今回の200勝が史上最年長での達成、そして完投で飾ったところがいかにも山本投手らしいです。私が生まれた年のドラフトで指名された山本投手。私が生きてきたのと同じだけずっと野球を続け、結果を残してきていると考えると、それだけで尊敬に値します。これからもできる限り頑張って欲しい投手です。今後の活躍も期待したいです。



ヤクルト1イニング6盗塁 [記録]

7月17日の試合で、スワローズが自慢の足で絶好調の阪神を降しました。
1アウト1,2塁から福地、青木が重盗。2,3塁とします。これで2盗塁。
そこから畠山が四球を選ぶと、打席の田中がスクイズを試みます。しかし投球がワンバウンドになり、スクイズは空振りになってしまいます。
それでも福地は強行にホームに突っ込み、これが阪神の矢野捕手の悪送球を誘い、決勝点を得ます。他のランナーもそれぞれ盗塁を決め、結果として三重盗となります。これで5盗塁。さらにウィルソンも盗塁を決め、結果プロ野球タイ記録、セリーグ新記録となる6盗塁を決めます。
7月17日現在、セリーグ盗塁ランキングのベスト10に福地、青木、飯原、川島慶と4人もが名を連ねる俊足ヤクルト。大砲はいなくても、自慢の足でクライマックス進出を狙うスワローズはセリーグの後半戦の台風の目になるかもしれません。



宮本慎也、1500本安打 [記録]

ヤクルトスワローズの宮本選手が、15日のファイターズ戦で1500本安打を達成しました。

宮本選手といえば、その堅実な守備が話題に上がることが多いですが、それ以外にも足の速さやバントやヒッティングの細かい技術、頼もしいリーダーシップなど、決して派手ではありませんが、非常に魅力の多い選手です。
そしてこの試合、ついにコツコツと積み重ねたヒットが1500本に達しました。
達成して、花束をもらう瞬間、ヤクルトファン、日ハムファン問わず、球場を大きな拍手が包んでいたように思います。それだけ、日本球界の発展に尽力してくれた選手です。年はもう37歳と、ベテランの域に入っていますが、まだ若々しくスタメンレギュラーの座を守って、堅実な守備を見せてくれています。

これからも息長く頑張ってもらいたいです。



クルーン投手、日本最速! [記録]

今年から、ジャイアンツに移籍し、クローザーとして素晴らしい活躍をしているクルーン投手。
このクルーン投手の持ち味はなんと言っても、速球のスピードです。

昨年までの日本最速記録は、2005年、横浜時代のクルーン投手が記録した161キロでしたが、6月1日のソフトバンク戦で、自身の持つ最速記録を塗り替える162キロを記録しました。
2005年に161キロを記録して以来、毎年同じ数字を出していました。そして今年、162キロを出しました。もちろん本人は全力投手と思いますが、見ているほうとしては、いとも簡単に出しているように見えて、これ以上の記録も出せるのではないかと期待してしまいます。
投手のスピードというのは、厳しいコースやかけひきとは関係なく、大人から子供まで理解できて楽しめる実績です。

クルーン投手の速球は、野球界を盛り上げてくれるので、これからもこの記録に期待したいです。



前田選手2000本安打 [記録]

広島カープの前田選手がついに2000本安打を達成しました。

この日の7回、カープの攻撃は、そこまでノーヒットだった前田選手の併殺打で終わっています。8回に打席は9人目のバッターになるわけです。しかし、ここでチームメイトたちが連打で前田選手に打席を回してくれたのです。そこで、ライト前にタイムリーヒットを放ちました。
前田選手は寡黙で、野球に打ち込む姿が好きで、ずっと応援していました。度重なる怪我に悩まされていましたが、ついに大記録を達成しました。野村監督が阪神の監督になったとき、どのチームのどの選手がチームに欲しいかと聞かれて、迷わずカープの前田選手と答えていたのが印象的です。怪我さえなければ、私は日本一のバッターだと思っています。
ヒーローインタビューでは、涙をにじませながらも、チームの低迷を嘆き、責任を感じ、ファンに謝罪していました。ぶっきらぼうなイメージですが、とにかくファンやチームメイトに優しく、自分に厳しい選手です。そんな前田選手だからこそ、チームメイトも皆心から嬉しそうで、祝福していました。
彼にとっては2000本は通過点。今後の活躍が期待されます。



このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。