So-net無料ブログ作成
検索選択
社会人野球 ブログトップ
前の10件 | -

2010年ドラフト候補~社会人~ [社会人野球]

前回の大学生に続いて今回は社会人です。
社会人は前の年にドラフト候補と言われながら指名されなかった選手でも、
ある程度年齢の行った選手でも、指名対象になるため、
かなり漏れがあるし、評価も適切ではないかもしれませんが、
個人的な注目選手を紹介したいと思います。
(紹介は順不同です)

<投手>
岩見優輝(大阪ガス) 左投左打 熊本工業高校→亜細亜大学
高校時代は3年春夏と甲子園に出場し、高校、大学とドラフト候補でした。もともとの直球の良さに加え、変化球のキレやコントロールも増してきました。奪三振率の高い社会人ナンバーワン左腕です。

安部建輝(NTT西日本) 右投右打 近畿大学付属高校→近畿大学
「あべたてき」と読みます。高校は鶴(阪神)の控え、大学では巽(ソフトバンク)らに隠れて目立った活躍ができなかった遅咲きの投手です。社会人になって球速も増し、もともと変化球も多彩な投手だったので、一躍ドラフト候補に上りつめました。

前橋泰輔(ホンダ鈴鹿) 右投右打 浜松工業高校→八戸大学
抜群のコントロールと緩急を持つ右腕です。大学時代からプロ大注目の選手でしたが、プロで通用する投手になってからプロ入りしたいということで社会人に進みました。

須田幸太(JFE東日本) 右投右打 土浦湖北高校→早稲田大学
高校時代にセンバツに出場していますが、大学では他の豪華投手陣に隠れて目立ちませんでした。しかし、150キロ近い速球と安定したコントロールを持つ好投手です。

濱野雅慎(JR九州) 右投右打 神戸西高校→国士舘大学
社会人になって名前が挙がった遅咲きの選手です。今年もドラフト候補ながら指名がありませんでした。右のサイドから投げる出所の見づらいフォームが武器で、今年の日本選手権ではチームの優勝に貢献し、MVPにも輝きました。

滝谷陣(日本新薬) 左投左打 智弁和歌山→近畿大学
高校時代、3度も甲子園に出場し、当時からプロ注目でしたが、大学で肘を故障して社会人に進みました。社会人では復活し、コントロールも良く、150キロ近いストレートと多彩な変化球で再びドラフト候補に名前が挙がっています。

蓬莱伸哉(王子製紙) 左投左打 神戸国際大学付属高校
球の出所が見づらいスリークォーター左腕です。高校時代から、甲子園出場はないものの、その球筋で注目されていました。高卒で社会人になって来年で6年目となる来期、そろそろプロに入っても良い頃だと思います。

<捕手>
岡田雅利(大阪ガス) 右投右打 大阪桐蔭高校
170cmと小柄ですが、俊敏な動きと強肩でドラフト候補に名前の挙がった捕手です。どちらかというとバッティングでの評価が高い選手ですが、これから捕手としての成長にも期待です。

山木俊政(トヨタ自動車) 右投右打 県立岐阜商業高校→中部学院大学
大学時代からプロ注目の強肩強打の捕手です。もともと打力には定評のあった選手ですが、打って守れる捕手を目指して社会人で奮闘しています。

<内野手>
熊代聖人(王子製紙) 右投右打 今治西高校→日産自動車
高卒2年目の選手ながら、日産自動車の廃部に伴う特例措置で、今年のドラフト対象になりましたが、その若さのためか、指名はされず、王子製紙に移籍することになりました。俊足強肩強打で、身体能力抜群ですから、来年こそはドラフト指名されて欲しいです。

白井史弥(新日本石油ENEOS) 右投右打 横浜高校
走攻守3拍子揃った二塁手で、高校時代は3度も甲子園に出場し、センバツ優勝も経験しました。社会人でも1番に固定されて活躍する典型的な1番打者です。センスの高さが光っている選手ですね。

磯部泰(新日本石油ENEOS) 右投右打 修徳高校
社会人になってその打力が開花しつつあるスラッガーです。高校時代は2度の甲子園に出場して、投手としてもプロ注目の選手でしたが、社会人になってその長打力が徐々に発揮され4番を打つまでに成長しました。

<外野手>
大島寛之(ホンダ) 左投左打 千葉経済大学付属高校
肩の強さと強打が持ち味でセンバツ出場経験もある大砲です。高校時代からその広角に打てる打力は評価が高く、当時からドラフト候補でした。

荒波翔(トヨタ自動車) 右投左打 横浜高校→東海大学
俊足巧打の外野手で、高校、大学と注目されていた選手です。抜群の身体能力に加えて、センス溢れる選手で、スピード感のある野球をしてくれる現代野球向きの選手です。

小粥勇輝(ヤマハ) 右投右打 浜名高校→亜細亜大学
「おがいゆうき」と読みます。大学時代から俊足巧打強肩の外野手としてドラフト1位候補に上がっていた逸材です。とにかくセンス溢れる選手で、怪我さえなければプロでも即戦力というほどの選手です。



大島洋平~日本生命~ [社会人野球]

走攻守3拍子揃った外野手がこの大島です。

駒沢大学ではヒットを量産し、4年生では首位打者も取りました。
その天性のバッティングセンスから、東都のイチローとまで呼ばれ、
ドラフト候補でしたが、社会人に進みました。
日本生命入社後、1年目から1番に定着し、活躍しています。

左投げ左打ちの選手で、とにかくバットコントロールが上手く、俊足の選手です。
肩も強く、その走力もあって、守備にも定評があります。

ドラフト上位候補ですし、プロでも首位打者を狙える選手だと思います。
近年プロではどのチームも外野争いが熾烈ですが、
ぜひそこにわって入って、早いうちから活躍できる球団に入ってもらいたいです。



梶野修平~大阪ガス~ [社会人野球]

個人的に注目している社会人投手はこの梶野です。

北九州市立大学時代から、スタミナ抜群の投手でしたが、
社会人でも先発にリリーフに、奮闘していました。

MAX147キロのストレートと切れ味抜群のシュートを、
スリークオーター気味のフォームから投げ込むスタイルで、
何と言っても連投や長いイニングを投げられるスタミナが武器です。

怪我の影響もあり、今年は目立った活躍はできていませんが、
十分な上位候補だと思っています。
注目したいですね。



川口盛外~王子製紙~ [社会人野球]

社会人投手で異例の経歴を持つのがこの川口です。
名前は「かわぐちたけと」と読みます。

静岡高校時代はチームは甲子園に進みながら、
怪我で活躍できませんでした。
早稲田大学に進学後は、準硬式に転向し、活躍します。
当時から準硬式ながら、ドラフト候補でした。

王子製紙に入社してからは、
1年目から抜群の安定感でチームを都市対抗決勝に導き、
一気に注目を集めました。

140キロ台中盤のキレの良い速球と、
緩急をつけ、制球力のあるピッチング、
打者に向かっていく気迫が持ち味の投手です。

準硬式では注目を浴びずに悔しい思いをしたこの左腕、
その悔しさがここまで成長させたのかもしれません。
ぜひプロでもその気持ちの強さを見せてもらいたいです。



岡本洋介~ヤマハ~ [社会人野球]

コントロール抜群で実戦向きな投手がこの岡本です。

国士舘大学では2年生の秋に最優秀防御率など、
常に上位に名を連ねる投手でしたが、
プロ志望届を提出しながら、指名はありませんでした。

ヤマハに入社してからも、その安定感は相変わらずで、
1年目からエース級の活躍でチームを支えています。

140キロ台中盤のストレートと、
カーブ、スライダー、チェンジアップと持っているようですが、
彼の魅力は何と言っても抜群の制球力です。

彼の叔父さんは同じ投手で、巨人、西武に在籍した岡本光だそうです。
西武のコーチを務めたこともあるそうで、
トレーニング等協力してもらったそうです。
社会人出身で、制球力がありますから、
即戦力になる投手だと思います。
どこかが指名すると思いますが、
注目したいですね。



清田育宏~NTT東日本~ [社会人野球]

今年の社会人は外野手が豊作というイメージですが、
長野、荻野と並んでこの清田も注目です。

市立柏時代は投手としてプロに注目されていましたが、
東洋大学3年の時に打者転向したそうです。

打者転向して間もないながら、大学ではすぐに4番に座り、打点王。
社会人でもアジア選手権の代表に選ばれ、
首位打者、ベストナイン、MVPに選出されます。

走攻守3拍子揃った右の外野手です。
バッティングは長打も打てて打率も残し、
守備でも俊足、強肩を活かして定評があります。

なかなか最近では右打者でこういったタイプの選手が少ないので、
ぜひ欲しい球団が多いと思います。
ドラフト1位候補です。



荻野貴司~トヨタ自動車~ [社会人野球]

社会人で、長野と並んで上位候補なのがこの荻野です。

関西学院大学時代は、ベストナインの常連で、
シーズン最多の17盗塁という記録も作りました。
プロからの声もかかったようですが、社会人に進み、
トヨタでは強豪チームで一年目からレギュラーに定着し、
3番として実績を残してきました。

この荻野の魅力は、何と言っても盗塁のできる技術と足でしょう。
小柄ながら、長打の打てるパンチ力も魅力です。
もともとは遊撃手でしたが、送球にやや難があるということで、
外野にコンバートされましたが、内野もできる選手です。

長野は巨人が指名を公言していますから、
この荻野を即戦力外野手として獲得したい球団は多いと思います。
プロでも盗塁王を狙える選手ですから、
間違いなく、上位指名を受ける選手ですね。



中澤雅人~トヨタ自動車~ [社会人野球]

投手王国のトヨタの選手はこれまで大谷、佐竹、田辺と紹介しましたが、
素材重視ならこの中澤が有力です。

富山商業時代は甲子園にも出場し、
プロも注目していましたが、中央大学に進学します。
大学では思うような成績は残せないものの、
大学時代もその素材は高く評価されていました。

社会人では目立った成績は残していないまでも、
登板機会は着実に与えられ、レベルを上げました。
そして今年の都市対抗では、快進撃を続けていた日産を、
見事に抑え、名実共にプロ注目選手となりました。

何度も言いますが、トヨタの投手がプロに一人しか行かないなら、
他の選手と競争です。
個性豊で、みんなプロに来て欲しいですが、
どうなるのか楽しみですね。



田辺佑介~トヨタ自動車~ [社会人野球]

投手の候補が目白押しのトヨタですが、この田辺も輝かしい道を歩んできた一人です。

明徳義塾高校では、2年の夏から3季連続で甲子園に出場し、
3年の夏には優勝投手にまでなった有名人です。
その後の関西大学に進学し、プロからも注目されますが、
怪我の影響もあって、思うような成績は残せませんでした。

トヨタでは2年目から登板機会が増え始め、
大舞台での経験を再び活かし始めています。

140キロ台の直球とスライダーというオーソドックスな投手ですが、
制球力がよく、安定感のある投手です。

甲子園優勝という栄光をつかみながら、
大学では目立たなかったといういろいろな経験をしてきた選手です。
今後にも注目してみたいですね。



佐竹功年~トヨタ自動車~ [社会人野球]

数多くいるトヨタの投手候補の中でも、
実戦向きなのはこの佐竹のように思います。

土庄から早稲田と進み、既に社会人4年目になる選手で、
169cmと小柄ながら、150キロのストレートの本格派で、
社会人では中継ぎの適性を見出され、器用されています。

プロで1年目から活躍する選手は、
近年では中継ぎ投手が多いイメージがあります。

大谷の記事でも書きましたが、今年もトヨタから投手のプロは一人だけなら、
他の選手と競争になりそうですね。
年齢的にも、そろそろプロ入りしてもらいたい選手です。



前の10件 | - 社会人野球 ブログトップ

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。