So-net無料ブログ作成
検索選択
引退・戦力外・移籍 ブログトップ
前の10件 | -

ファイターズ・江尻、ベイスターズ・石井トレード [引退・戦力外・移籍]

なかなか更新ができずにいました。
今更ではありますが・・・・・
シーズン開幕直後、あまりにも突然のトレードでした。

江尻は、早稲田大学から自由獲得枠で日ハムに入り、
入団当初は先発投手として徐々に頭角を現し始めていました。
そして2007年には、中継として42試合に登板し、
リリーフでの才能を発揮し始めた矢先、
肘の手術で翌年は一年間、リハビリに費やします。
そして2009年には見事復活し、
自己最多の45試合に登板しました。

石井は、三菱重工横浜から、中日に入団し、
2008年に横浜に移籍しました。
生まれつきの難聴というハンデを背負いながらも、
その才能と努力で三振を奪う姿から、
「サイレントK」と呼ばれていました。
先発で起用される機会もありましたが、
左打者に強い投手ですから、やはりリリーフ向きという印象です。

今回のトレードにあたって、冷静な分析をすれば、
実績や経験、1イニングを任せるセットアッパーという面から見れば江尻ですが、
将来性や貴重な左投手、対左打者のワンポイントという面から見れば石井という印象で、
どちらか一方が得ということはない、バランスの良いトレードだと思います。

ただ、今回のトレードは、そういった技術論を超えたいろいろな感情がありました。
ファイターズ一筋で、大きな怪我を乗り越えた江尻は、
明るい性格や、チームメイトやファンへの細かな気遣いなど、
成績以上に、プレー以外の面でも非常にファンに人気のある選手でした。

障害者雇用で将来を約束されていたにもかかわらず、
それを捨ててまでプロ入りした石井も、
ハンデをかかえながらプロで活躍する姿で、
それに加えて小さい頃から横浜ファンだったということもあり、ファンに人気がありました。

私自身も、江尻は一番応援していた選手ですから、
このトレードの記事を見た時は頭が真っ白になりました。
でも、野球で一番大事なのは勝利することで、
こういった感情論は時には邪魔になります。
その感情論を抜きにして、トレードに踏み切った球団は正しいのかもしれません。

移籍した江尻は、早速横浜で一軍登録され、
1イニングを三者凡退に抑えました。
セットアッパーとしての活躍が期待されています。

石井もしばらくは二軍で調整するようですが、
貴重な左腕として一軍メンバーにぜひ入ってもらいたいです。

毎回思うことですが、トレードというのは、
両チームが必要とする選手が指名されるものであって、
決して「放出」ではないと思います。

両選手の新天地での活躍を心から祈っています。



赤星憲広~阪神タイガース~ [引退・戦力外・移籍]

あまりに早すぎる引退に、衝撃が走りました。

170cmと、野球選手として致命的なほど小柄な赤星ですが、

球界トップクラスの俊足や走塁技術と持ち前の全力プレーで、

トッププレーヤーになり、リーグや球団を枠を超えて愛された選手です。


社会人時代からその俊足には定評があり、

ルーキーから5年連続で盗塁王に輝きました。

俊足を活かした外野守備にも定評があり、

いくつものファインプレーでチームを救いました。


しかしその全力プレーの影響か、故障も多くなり、

近年は怪我との戦いでもありました。

特に首の故障は慢性的で、

医者にはプロ生活を続けると最悪、命に関わるとまで言われたそうです。

年齢的にもまだ33歳。

そのくらいの年齢でスタメンで出場している選手は山ほどいます。

たとえ死ぬかもしれないと言われても、プロでプレーしようとするほどの選手ですから、

むしろ、ここで辞めてもらって良かったのかもしれません。

私も一晩たって、ようやく整理がついたような気持ちです。


赤星はその年の盗塁の数に応じて、毎年施設に車椅子を送っていました。

近年、こういった慈善活動をする選手は増えてきていますが、

大々的にやり始めたのは赤星だった気がします。

ファンの心無い野次や、マナー違反の行動には、

臆せず苦言を呈していました。

一部の心無いファンに嫌な思いをしていた良心的なファンも、

彼の勇気ある発言に感謝していました。

その優しさやまっすぐさ、

そしてプレーヤーとしての技術の高さは、

プロ野球ファンみんなに愛されていました。


私自身、球団はファイターズを応援していますが、

好きな選手は?と聞かれたら赤星と答えていました。

草野球のスパイクも、彼に憧れて赤星モデルの物を買いました。

いまだにもう彼がグラウンドで見られないなんて信じられません。


最後に、赤星選手にはたくさんの勇気をもらいました。

ありがとう。



楽天・一場-ヤクルト・宮出トレード [引退・戦力外・移籍]

話題の選手のトレードがありました。
楽天の一場は、速球と様々な変化球を持つ期待の新人として楽天に入団し、
2年目には開幕投手も務めました。
毎年のように「今年のポイントは一場」と野村監督に言われるくらい、
期待をかけられていましたが、制球難が災いして、目立った成績は残せませんでした。

宮出は、元投手ということで、その肩を活かした外野守備には定評があります。
チャンスに強く、そのバッティングでお立ち台に上がることも多いというイメージもありますし、
何より、実直で、練習熱心な姿は、若手選手に良い影響を与えることでしょう。

一場は何かキッカケさえつかめれば大ブレイクすると思っていた選手で、
宮出も、ヤクルトでなければもっと出番が与えられる選手だと思っていました。

このトレードを期に、二人とも、活躍の場が増えることを願っています。



井口資仁 ロッテに入団 [引退・戦力外・移籍]

世界一の経験もある井口が日本球界に復帰することが決まりました。
とにかく打って守れて走れる三拍子揃った選手です。
打ってもホームランを期待できる強打者ですから、
クリーンナップも期待できます。

強力な補強をロッテがしてきました。
これでますますパリーグが混戦になりそうですね。



中村紀洋楽天に移籍 [引退・戦力外・移籍]

FA宣言していた中村紀選手の楽天移籍が決まりました。

楽天では3塁手として、サードを空けて待っているといわれています。
楽天には主砲の山崎武選手がいますが、年齢が高いこともあり、
さらなる長距離砲がほしいところだったと思います。

楽天はまだ若いチームですから、
優勝経験のある頼れるベテランの加入は、
チームにとって本当に大きいです。

この中村紀選手の加入は、楽天が優勝争いをする大きなカギになると思います。
チームとして初の大型補強。
来年のパ・リーグはますます面白くなりそうです。



清水隆行西武ライオンズに移籍 [引退・戦力外・移籍]

有名選手のトレードが決まりました。

数年前には巨人でセリーグ最多安打を放ち、代打の切り札としても活躍していた清水選手ですが、
ここ最近は若手の台頭やFA補強などもあり、出番が減っていました。
そこで、本人の希望もあって、西武への金銭トレードとなりました。

年はもう35歳と高めではありますが、彼のヒットを打つ技術というのは球界でも有数の部類に入ります。
西武は今年、圧倒的な打力で優勝を勝ち取りましたが、意外とアベレージヒッターのようなタイプの選手はあまりいないように思います。
一塁も守るという記事も見ましたので、活躍の幅は巨人時代より広がると思います。
ヒット一本で流れを持ってこれる選手ですから、ぜひとも西武で心機一転、頑張ってほしいですね。



森笠繁 横浜ベイスターズにトレード [引退・戦力外・移籍]

広島の森笠選手が、横浜に金銭トレードされました。
広島では、控えとなることが多かったですが、そのパワフルな打力はチームの戦力となっていました。
入団当初はスイッチヒッターでしたが、近年は左打ちに専念し、対右投手用の代打要員として活躍していました。
入団当初から、その器用で長打の打てるバッティングは高評価でしたが、
広島にはベテランの前田智や嶋や緒方、足の使える赤松や天谷などライバルが多く、出場機会に恵まれていませんでした。

横浜も、補強を積極的に行っていて、バッティングの良い選手は多いので、競合する選手は多いと思いますが、
新天地でブレイクする可能性もあります。
昔から応援している選手でもありますので、ぜひ活躍を期待したいですね。



石井琢朗 広島カープに移籍 [引退・戦力外・移籍]

頼れるベテランがカープに入団することが決まりました。
石井選手は横浜にドラフト外で入団し、入団当初は投手。
そして内野手に転向し、盗塁王4回、ベストナイン5回、ゴールデングラブ4回と数々の輝かしい賞を受賞し、
2000本安打も打った選手です。
投手として勝ち星を挙げた選手が2000本安打を打ったのは川上哲治以来2人目でした。

横浜では俊足巧打のリードオフマンとして、チームを優勝に導いた経験もあります。
ですが、近年は足の手術などもあり、若手育成のチーム方針もあって、出場機会が少なくなっていました。
そして今年、ついに戦力外通告を受けてしまいました。
しかし実績のあるベテランだけに、広島が獲得を表明し、入団することが決まりました。

経験も実績も申し分ない選手です。
個人的にも、戦力外で終わるような選手ではないと思っていました。
もう一花咲かせて、しっかり引退という形で本人の口から表明するまでは、辞めてほしくない選手です。
広島での起用方法にも興味がありますが、どのような形であれ、頑張ってほしいですね。



巨人・二岡智宏、林昌範、日本ハム・マイケル中村投手、工藤隆人外野手トレード [引退・戦力外・移籍]

まもなくプロ野球はオフシーズンに入りますが、早くも大型トレードが決まりました。
両チームの思惑もありますが、有名選手同士のトレードとなりました。

巨人の二岡選手は、巨人では入団当初から遊撃手として活躍して来ましたが、怪我や不倫騒動などもあり、巨人では本来の実力を出せずにいました。
怪我は治ったとのことですし、二岡選手の右方向へのホームラン芸術的です。

林投手は一時は左の中継ぎとして、チームの勝利に貢献していましたが、最近は怪我の影響もあって、若手も成長してきたこともあり、一軍での登板はなくなっていました。
それでも林投手も怪我は治ったとのことですし、左の中継ぎは貴重です。


日ハムのマイケル中村投手は、ストッパーとしてチームの優勝に貢献しました。
オーストラリア人と日本人のハーフですが、日本人扱いとなっています。
特徴ある投げ方や大きな変化球が魅力ですが、年齢的にも今がピークという感じもしますし、ランナーを溜めてしまうシーンも多くありました。

工藤選手は、球界屈指の俊足と、ガッツあるプレーが持ち味です。
入団当初から、阪神の赤星選手と似た雰囲気を感じて応援していました。
非常に魅力があり、個人的にも思い入れがある選手です。
ただ、日ハムは外野手が豊富ですし、似た雰囲気の紺田選手や村田選手がいます。


このように非常に魅力ある選手同士のトレードとなりました。
このトレードには賛否両論あると思いますが、この選手たちが活躍すれば、結果としてトレードは成功と言われるはずです。
ぜひともこの4選手の活躍を祈っています。



小坂誠楽天にトレード [引退・戦力外・移籍]

巨人の小坂誠選手が楽天に金銭トレードで移籍することが決まりました。

小坂選手はロッテに入団して以来、俊足、巧打、堅守の内野手として活躍してきました。

巨人に移籍してからも、素晴らしい技術と経験を持ったベテランとして、
チームを影で支えていましたが、近年は方の痛みとの戦いでもありました。
巨人では内野手は有望な若手が多数いて、ベテランの木村拓也も控えています。

楽天では才能のある若手はいながらも、若いチームだけあって、
精神的な支えとなりながら、前線で戦えるベテランがあまりいません。
そんなチームに、小坂選手の活躍する場はあると思います。
肩の状態も良くなったということですし、またあのスピーディーで器用な小坂選手のプレーが楽しみです。



前の10件 | - 引退・戦力外・移籍 ブログトップ

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。