So-net無料ブログ作成
検索選択

山田大樹~福岡ソフトバンクホークス~ [選手紹介(期待の若手)]

また育成選手から良い投手が登場しました。
山田は2006年、
つくば秀英高校から育成ドラフト1位でホークスに指名されます。

高校時代からそのストレートの力は高く評価されていて、
プロに入ってからは150キロ近い速球を投げ込んでいました。
しかし支配下登録されることはできず、
2009年に自由契約となってしまいます。
しかし元監督の王貞治会長の勧めもあって、
再度育成選手として契約されます。

そして2010年3月、支配下登録され、
6月10日、ついにプロ初先発を果たします。
初回から4連続四死球で3失点と乱調でしたが、
その裏にすぐに味方が逆転し、
2回以降は落ち着いて投げていました。
結果、6回を投げて被安打4、与四死球5、自責点3でした。
結果は勝利投手の権利を持ってマウンドを降りながら、
リリーフが打たれて権利が消えてしまいましたが、立派な投球でした。
ストレートは140キロ台前半でしたが、調子が良ければもっと出るような気がします。

さらに、勝利投手にはなれなかったものの、
チームが勝利したため、プロ初のお立ち台にも上がりました。


実はこの選手の出身校、つくば秀英高校は、私の母校でもあります。
この山田が10期生という非常に新しい高校ということもあって、
育成選手ながらつくば秀英高校としては初のプロ野球選手です。
年齢の関係で、同じ時期に通っていたことはありませんが、
後輩として、入団した時からずっと注目していました。

育成選手として3年も下積みをして、
さらに自由契約も味わって、
ようやくつかんだ1軍の舞台。
次はぜひ初勝利を目指して頑張ってもらいたいです。


2010-06-11 18:34  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。