So-net無料ブログ作成
検索選択

木村拓也~読売ジャイアンツ~ [選手紹介(OB)]

またも悲しい知らせが届いてしまいました。
巨人の木村拓也コーチが亡くなりました。

木村拓也は、宮崎県出身で、
宮崎南高校から俊足強肩の捕手として、
1990年にドラフト外で日本ハムファイターズに入団します。
1992年には外野手に転向し、徐々に出番も増えていきました。
思えばこれがユーティリティープレーヤーへの第一歩でした。

1995年から広島カープにトレードで移籍し、
内野の守備にも挑戦します。
しかし出場機会に恵まれず、1996年にはスイッチヒッターに挑戦し、
またしても徐々に出場機会を増やしていきます。
1997年にはショートの守備にも挑戦し、
1999年には一年で一塁と投手以外の全てのポジションをすべて守り、
2000年には136試合に出場し、
バッティングでも規定打席に到達するなど、存在感が増してきます。
その後は広島にとっても攻守の両面で欠かせない存在となり、
2004年にはその器用さと守備力を買われて、アテネ五輪の代表に選ばれます。
しかしその後は広島では腰の故障の影響と、
チームの若手育成の方針もあり、出番が減ってしまいます。
そして2006年のシーズン途中に、巨人にトレード移籍することになります。

巨人では移籍後すぐに一軍登録され、
移籍先でもユーティリティープレーヤーとしての存在感を発揮します。
層の厚い巨人の中でも、2007年、2008年と100試合以上に出場し、
巨人でも欠かすことのできない選手となります。
2009年には、若手の台頭で若干出番は減ってはいましたが、
スーパーサブとしての存在感は抜群で、
ベンチ入りした最後の捕手が負傷退場という緊急事態に、
10年ぶりに捕手として出場し、1イニングを見事に守りきりました。
そして日本シリーズでもスタメン出場を果たすなど、
衰えない存在感を発揮していましたが、シリーズ終了後に引退を発表しました。

そして2010年からは巨人の内野守備走塁コーチに就任し、
第二の野球人生を歩み始めたばかりでしたが、
シートノックの最中に突然意識を失って倒れ、
くも膜下出血と診断され、5日間ほど意識不明の状態が続いていましたが、
4月7日の早朝に、帰らぬ人となりました。

木村拓也は選手時代、
SMAPの木村拓哉と同姓同名で同い年ということで、
番組で対談し、拓哉に「今日の試合でホームランを打ってくださいよ」と言われ、
本当にホームランを打つなど、派手さはないながらに、スター性のある選手でした。

また、以前、広島市民球場に観戦に行った時、
たまたま木村拓也のスパイクが電光掲示板で紹介されていて、
広島市民球場の特性を考えて、足先の刃だけがスタートをきりやすいように金属になっていて、
スピードが乗ってきたら走りやすいように他の部分はゴムになっていました。
私は木村選手の道具へのこだわりを強く感じた記憶があります。
また、予備も含めて5種類のグラブを常に持ち歩いていたというのも、
ユーティリティープレーヤーとしてのプロ意識を感じさせます。

木村拓也以前にもユーティリティープレーヤーはいましたが、
この「ユーティリティープレーヤー」という言葉を世間に知らしめたのも、
この木村拓也だったように思います。
ただの「守備が上手くてそこそこ打てる控え選手」から、
ユーティリティープレーヤーとしての存在価値を見出し、
ファンにまでその重要性を教えてくれたこの木村拓也の活躍は、
ある意味革命的とまで言っていいほどの功績だったかもしれません。

また、木村コーチには、3人のお子さんがいて、
一番下の子は2~3歳くらいとまだ小さいそうです。
カープ時代に「娘とデートできるようなお父さんになりたい」と言っていて、
いいお父さんになりそうだな、と感じた記憶があります。
これからご家族は大変だと思いますが、
今回の訃報に対して、選手を代表して阿部主将が、
「お子さん3人、できれば僕ら選手で少しでもサポートしていきたい」
とコメントしていました。
私はこの言葉にとても感銘を受けました。
選手たちもシーズン中で大変な時期に加え、戸惑いや悲しみもあるでしょうが、
コーチのご家族を思いやる姿勢、素晴らしいキャプテンだと思います。

今年は日ハムの小林繁コーチやオリックスの小瀬など、
現役のコーチや選手に悲しい話題が続きますね。
もう絶対にこんな話題は聞きたくありません。

木村コーチにはこれからも日本球界を見守っていてもらえれば、と思います。
木村拓也コーチのご冥福をお祈り致します。


2010-04-07 19:55  nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。