So-net無料ブログ作成
検索選択

新人選手の活躍 [球界情報]

プロ野球が開幕し、各球団明暗が分かれていますが、
今年は特に新人の活躍が目覚しいように感じます。

パリーグでは何と言っても、
ロッテのドラフト1位の荻野貴司が絶好調です。
持ち前の俊足は前評判通りですが、
その足を活かすためのバッティング技術が備わっているのも魅力ですね。
開幕からスタメンを取り、2番打者として足を使った攻撃でチームに貢献しています。
盗塁王も取りそうな勢いで、早くも新人王の筆頭候補と言われています。

同じ野手で開幕1軍を勝ち取ったのが日ハムの加藤政義です。
不動の遊撃手の金子誠が怪我で出場できなくなってからは、
スタメンを奪った即戦力ルーキーです。
バッティングはまだまだこれから勉強することが多いとはいえ、
早くもタイムリーヒットで初打点を挙げました。
将来のレギュラー候補として、着実に経験を積んでいます。

開幕から絶好調のオリックスでは、
ドラフト5位の左投手の阿南徹が開幕1軍入りを果たしていて、
既に対左のワンポイントとして登板機会を与えられています。
まだまだ登板機会は少ないですが、
中継の起用法では阪神時代にも実績がある岡田監督だけに、
ワンポイント起用で信頼を得て、徐々に大事な場面でも任せられる投手に成長してもらいたいです。


一方のセリーグでは中日の新人が目を引きます。
熾烈な外野手争いを制し、外野の開幕スタメンをつかんだのは、ドラフト5位の大島洋平でした。
そのバッティングセンスでオープン戦は3割を超える打率を残し、
猛烈な存在感を発揮し、強力なライバルを抑えての開幕スタメンとなりました。
開幕後は持ち味を発揮できず、スタメンを外れることも多くなってきましたが、
そのバッティングが復活してくればチームの層の厚さもさらに増します。

同じ中日で、同じ外野手として開幕1軍をつかんだのがドラフト4位の松井佑介です。
もともとは肩や守備の評価が高い選手だったのですが、
オープン戦で3本のホームランを放ち、思い切りの良いスイングで評価を上げました。
中日の外野は層が厚く、スタメンで出場できる機会も限られてはいますが、
少ないチャンスをものにして、どんどん実戦経験を積んでもらいたいです。

そしてさらに同じ中日でドラフト7位の捕手の松井雅人も開幕1軍入りを果たしました。
強肩堅守の捕手として、投手を引っ張る力もある実戦向きの捕手です。
中日の捕手といえば、ベテランの谷繁が不動の正捕手ですが、
年齢的にもそろそろ後継者を考えなくてはならないところで、1軍入りを果たしました。
出場機会は多くないと思いますが、少しずつでも実戦経験を得て成長してもらいたいです。

セリーグの野手ではヤクルトのドラフト3位の荒木貴裕が開幕スタメンを果たしました。
走攻守に安定した選手ですが、開幕は不調で、その後はスタメンを譲る機会が多くなってしまいました。
しかし、将来的にもチームの中心になっていく選手だと思いますので、
どんどん出場機会を得てアピールしてもらいたいです。

そして、同じくヤクルトのドラフト1位の中澤も、開幕ローテーション入りを果たし、
プロ初先発をした3月30日には、5回途中まで投げて6奪三振、2失点と好投しました。
この成績なら、次の先発機会も与えられるはずです。
勝ちを積み重ねていけば、新人王も見えてくるのではないでしょうか。

そして昨年の覇者の巨人では、選手層が熱いにもかかわらず、開幕1軍入りをしたルーキーが3人もいます。
まず、投手ではドラフト3位の土本恭平が、中継要因として開幕1軍に入りました。
まだ登板機会は少ないですが、150キロを超える力のある速球と、空振りの取れる大きなフォークは魅力的です。
実戦経験を積んで、勝利の方程式の一角を担いたいところです。

注目度が高いのはドラフト1位の外野手の長野です。
走攻守に3拍子揃った選手で、即戦力の呼び声が高いです。
オープン戦では十分にアピールしましたが、
最終的には亀井や松本のレギュラーを奪うには至りませんでした。
しかし、これから出場機会も多くなるでしょうから、
レギュラーを奪うつもりで頑張ってもらいたいです。

そしてドラフト4位の捕手、市川友也も開幕1軍を掴み取りました。
巨人の捕手といえば、阿部という大きな存在がありますが、
この市川も守りの面では非常に評価が高い選手です。
控え捕手は好守に評価の高い鶴岡がいますが、
まずは1軍の雰囲気に慣れ、少しずつ勉強していってもらいたいです。

浮上を目指す横浜では、ドラフト2位の加賀繁が1軍入りしています。
コントロールが良く、多彩な変化球を操る技巧派で、
中継要因として開幕1軍入りを果たしました。
なかなか固定できなかった勝利の方程式を担う存在として、
どんどんアピールしていってもらいたいです。

開幕から好調の阪神では、ドラフト5位の藤川俊介が1軍入りしました。
俊足が武器で、即戦力の呼び声高かった外野手です。
阪神の外野は層が厚いですから、なかなか出場機会がありませんが、
少ないチャンスをものにして、レギュラーを奪うつもりで頑張ってもらいたいです。


開幕1軍に入った選手を中心に紹介してみましたが、
意外に数が多くてビックリしました。
思えば昨年のドラフトは不作と言われていましたが、
結果的には素材型よりも即戦力型のルーキーが多かっただけのように思います。
これからもどんどん若い選手に出てきてもらって、
球界を盛り上げるスターへと成長してもらいたいですね。


2010-03-31 19:04  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。