So-net無料ブログ作成
検索選択

2010年ドラフト候補~高校生~ [高校野球]

次のドラフトは、ハンカチ王子こと早稲田大学の斎藤佑樹を中心に、
有力選手が目白押しです。
なので、ちょっと早いですが、現時点でドラフト上位候補と言われている選手を、
簡単にリストでご紹介したいと思います。
(紹介は順不同です)

<投手>
一二三慎太(東海大相模高校) 右投右打
名前は「ひふみ」と読みます。150キロ近い速球が武器の高校生ナンバーワン投手です。

島袋洋奨(興南高校) 左投左打
甲子園ファンには既に有名な投手です。トルネードのようなフォームが印象的な安定した左腕です。

小野田俊介(早稲田実業高校) 右投右打
斎藤(早稲田)が抜けた後、1年生ながらエース級の働きをしてきた投手です。中距離バッターという印象のバッティングにも定評があります。

多司将仁(PL学園高校) 右投右打
150キロ近い速球を持つ本格派投手です。課題のコントロールも徐々にレベルアップして、注目投手の仲間入りをしました。

岩本輝(南陽工業高校) 右投右打
球速はさほど無いものの抜群のコントロールが持ち味の安定した投手です。経験もあります。

福本翼(大阪桐蔭高校) 左投左打
球速は遅いくらいのレベルですが、抜群のコントロールで打たせて取る技巧派左腕です。

鈴木昇太(帝京高校) 右投右打
一年生からエースナンバーを付け、甲子園にも出場した速球派投手です。速球軍団の帝京で、中心となる活躍が期待されています。

<捕手>
山下斐紹(習志野高校) 右投左打
「やましたあやつぐ」と読みます。俊足強肩強打の捕手です。リーダーシップのある性格など魅力あふれる捕手です。

磯村嘉孝(中京大中京高校) 右投右打
先の夏の甲子園で優勝した中京大中京で、正捕手として好守に渡り活躍しました。特に2試合連続本塁打は印象的でしたね。

<内野手>
西川遙輝(智弁和歌山高校) 右投左打
俊足巧打が魅力のヒットメイカーです。甲子園でもその打力を見せてくれました。1年生からショートのレギュラーでしたが、外野を守っていることもあります。

伊藤諒介(神港学園高校) 右投左打
神港学園の中軸打者として、ホームランを量産しているスラッガーです。2年秋時点では中田(日ハム)を上回る50本ものホームランを打っている大砲です。

大石竜太(横浜高校) 右投両打
強豪の横浜で1年からショートのレギュラーでした。俊足巧打好守で、1年夏の甲子園でハツラツとしたプレーが印象的でした。

<外野手>
勧野甲輝(PL学園高校) 右投右打
「甲子園で輝くように」と名付けられ、1年夏から4番に抜擢され、清原2世とまで言われた長距離砲です。2年夏は不振でベンチ入りも逃しましたが、復活を目指す大器です。

吉川大幾(PL学園高校) 右投右打
トップバッターとしてその走力が評価されていましたが、2年から長打でも成長を見せ、夏の大阪府予選では清原を超える5本塁打で、一部評価は勧野以上と言わています。

榎本葵(九州国際大付属高校) 左投左打
打力が自慢の九国付ですが、1年生から4番を打つ巧打者です。4番とはいえ、一番の魅力はそのミート力という印象で、プロのスカウトも「天才」と最上級の評価をしています。


2009-12-04 21:35  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。