So-net無料ブログ作成
検索選択

2009年夏の甲子園全出場校 [高校野球]

甲子園出場校が出揃ったので、お知らせします。
個人的な見解ですが、一言コメントをつけてみました。

北北海道 旭川大高校
左腕から投げ込むストレートの切れ味が抜群の柿田はプロ注目の投手です。勝ち上がるごとに打力も増して、得点力もアップしています。甲子園の舞台でまた一段と成長を見せてもらいたいですね。

南北海道 札幌第一高校
公立高校かと思ったら私立なんですね。強豪の駒大苫小牧や鵡川を破っての甲子園です。多彩な変化球が魅力の左投手の掛端(3年)はなかなかの好投手のようですね。

青森県 青森山田高校
言わずと知れた常連校ですね。本格派投手の斎藤とプロ注目の好打者曲尾は要注目です。今年は好チームの多い東北勢ですが、中でも注目してみたいチームです。

岩手県 花巻東高校
この夏一番の注目投手、菊池を要する花巻東が、順当に勝ちあがってきました。センバツでは惜しくも準優勝に終わってしまいましたが、敗れた清峰は県予選敗退してしまいました。そうなれば、狙うは優勝ただひとつです。

秋田県 明桜高校
小柄ながらパワフルなピッチングの二木と、俊足巧打の加賀のバッテリーはなかなか面白そうです。毎年初戦敗退してしまう秋田勢ですが、今年はぜひ頑張ってもらいたいです。

山形県 酒田南高校
ここ最近は常連校になりつつありますね。エース左腕の安井は、県予選の5試合を一人で投げきり、全試合完封というすさまじい成績で勝ち上がってきました。急成長を見せた安井のピッチングは甲子園でも目が離せません。

宮城県 東北高校
佐藤、高橋、清原という3枚看板の投手陣が自慢のチームです。これまで東北が3連覇後、仙台育英が3連覇中でしたが、また東北高校の時代が来るのでしょうか。

福島県 聖光学院高校
最近の常連校です。プロ注目の投手横山と、打線の軸の四家を中心としたまとまったチームという印象があります。今年も甲子園では良いところまで行きそうですね。

茨城県 常総学院高校
茨城では一番の強豪校ですね。高校野球ファンは知らない人がいない名将・木内監督が再び率いているので注目です。3番打者の羽鳥が打線の中心として、捕手としてチームを引っ張ります。

栃木県 作新学院高校
好投手の小嶋と、打線でも守りでも中心となるキャッチャーの松崎の好守で守り勝つ野球をするイメージです。準決勝、決勝と完封していますし、大会中に調子を上げてきているだけに楽しみです。

群馬県 東農大二高校
久しぶりの甲子園出場となります。エース左腕の加藤が予選を一人で投げぬき、しっかりとゲームを作ってきました。4番で捕手の町田も長打力がありますし、投打のかみ合った良いチームです。

埼玉県 聖望学園高校
2008年センバツ準優勝投手の左腕・佐藤が夏の甲子園に導きました。コントロールが良い投手という印象です。予選も接戦を粘りで勝ってきました。

千葉県 八千代東高校
ここ最近は激戦区となっている千葉で、ダークホースが上がってきました。予選の8試合中6試合が1点差ゲームでした。プロが注目するようなスター選手はいませんが、この精神力は甲子園に波乱を起こしそうな予感がします。

東東京都 帝京高校
数々のプロ野球選手を排出した名門です。エースの平原は本格派投手ですが、控えの下級生投手もしっかりしています。それに何と言っても決勝で24点という大量得点を奪っている強力打線は脅威です。毎年守備のレベルも高いですから、優勝候補の一角ですね。

西東京都 日大三高校
エースの関谷が急成長し注目を集めていますが、クリーンナップを形成する日下や吉田を中心とした打力にも定評があります。やや荒削りな部分があった日大三ですが、関谷の成長でチームとしての完成度が上がった印象を受けます。

神奈川県 横浜隼人
プロ大注目の筒香を要する横浜高校にも打ち勝ち、初出場を果たした横浜隼人。打線の中軸に座り、捕手としてもチームを引っ張る船木はなかなかの好選手のようです。接戦を制して勝ち上がってきた粘りにも注目です。

山梨県 山梨学院大付属高校
得点力はそれほど高くないものの、エース山田祐の粘りの打たせて取る投球と堅い守りで勝ち抜いて来ました。甲子園の大舞台でも臆することなく、持ち味を発揮してもらいたいですね。

新潟県 日本文理高校
強力な打線が魅力で、県予選も大量得点で勝ちあがってきました。どんどんつながる強力打線は非常にレベルが高いですが、中心打者の高橋義は特に注目のバッターです。

長野県 長野日大高校
エースの加藤は2年生ながら既にドラフト候補とまで言われています。そしてショートの伊藤は巧打の選手で、打線の中心となり、キャプテンとしてもチームを引っ張ります。特に加藤には来年も見たいと思わせるようなピッチングを期待したいですね。

富山県 南砺総合高福野
まったくの無名校が甲子園出場を決めました。決勝は高岡商業相手に9回4点を奪って逆転勝利しています。突出した選手はいませんが、一丸となってハツラツとプレーするチームが意外と甲子園で勝ちあがったりするので楽しみです。

石川県 日本航空石川高校
2009年4月に日本航空二高から改名したそうです。様々なタイプの投手で見せる継投と、4番に座る恵まれた体格の田中は注目です。監督の采配が面白いチームのようなので楽しみですね。

福井県 敦賀気比高校
読み方が難しいですが「つるがけひ」と読みます。長身から投げ下ろすエースの山田はドラフト候補です。球速がどんどん上がっているようですし、コーナーを攻める制球力もあり、魅力ある投手です。

静岡県 常葉橘高校
エースでプロ注目の庄司は、投げては140キロ台後半のストレート、打っても3番でチャンスに強く、投打に大活躍でチームを引っ張っています。決勝という大舞台で10-0という大勝で甲子園行きを決めました。

愛知県 中京大中京高校
大本命が順当に勝ち上がってきました。エースで4番のプロ大注目の堂林は、投手としても打者としても評価は非常に高いです。予選6試合中5試合が二桁得点という破壊力は出場校中ナンバーワンではないでしょうか。

岐阜県 県岐阜商高校
岐阜の常連校ですね。エースの長身右腕山田は本格派投手です。チーム全体としてよくまとまっている印象で、予選大会を通じて失点が少ないのも魅力です。

三重県 三重高校
好チームが揃う三重は好ゲームが続きましたが、三重高校が制しました。走攻守3拍子揃った4番の宮武はドラフト候補です。

滋賀県 滋賀学園高校
初出場です。予選では失点を抑え、守り勝つ野球をしてきたという印象があります。左投手の棚上と、右投手の宮城という二枚看板の継投で逃げ切る手堅い野球です。

京都府 龍谷大平安高校
多少失点しても取り返す打力が魅力です。4番の橋本の兄は、智弁和歌山で同じ捕手として2度の甲子園を経験し、阪神に入団した橋本良平です。兄弟揃っての甲子園、兄と比べられるのは嫌かも知れませんが、同じくらい活躍してもらいたいですね。

奈良県 天理高校
県予選打率8割強のプロ注目のヒットメーカー西浦を中心に、強打者大西や原田を要する強力打線は注目です。好投手が多い今大会、自慢の打力が発揮されるか楽しみですね。

和歌山県 智弁和歌山高校
言わずと知れた名門校ですね。エース左腕でドラフト上位候補の岡田は、予選でも好投を続け、甲子園でも大注目です。好打者の西川や山本にも注目です。

大阪府 PL学園高校
エースの中野が怪我で登板できない中、井上、難波の両投手で甲子園を決めました。注目選手の歓野を不振で欠く中、1番の吉川や、4番の村田の打力にも注目が集まっています。

兵庫県 関西学院高校
激戦区の兵庫を勝ち上がってきました。新川-山﨑裕の継投と、接戦を物にする粘りもあります。特に、2番手投手の山﨑は、捕手でスタメン→投手として2番手で登板という面白い選手です。

岡山県 倉敷商高校
エースで4番、投打でチームを引っ張るプロ注目の岡がチームの要です。スター性のある選手ですから、甲子園でも目立つこと間違いなしです。

広島県 如水館高校
強豪の光陵相手に2-1で勝利し、甲子園行きを決めました。エースの幸野が投打の大黒柱で存在感を放っていますが、他の選手も個々のレベルが高いチームです。

鳥取県 鳥取城北高校
初出場です。投打のかみ合った良いチームです。エースの中尾は予選でもしっかりゲームを作っていますし、谷掛、宇都宮のクリーンナップ二人も好打者です。

島根県 立正大淞南高校
初出場です。エースで4番の崎田と、強肩強打の捕手成田のバッテリーが引っ張るチームです。チームとしてもよくまとまっているという印象を受けました。

山口県 華陵高校
貝森、玉井といった好打者が揃う打力が持ち味のチームですが、エースの安達が急成長し、安定感がでてきました。投打がかみ合ったこのチームは楽しみです。

香川県 寒川高校
初出場です。斉と高橋涼という2枚看板が持ち味で、今年は強豪チームに成長しました。藤原、岩田の1、2番コンビを中心に足を使った攻撃は魅力的です。

徳島県 徳島北高校
初出場です。プロ注目の鳴門一高校緒方に投げ勝った、エースの阪本の評価が上がっています。決勝では逆転サヨナラで甲子園行きを決めるなど、その粘りにも注目です。

高知県 高知高校
左の好投手公文と、4番で強肩強打の捕手木下のバッテリーを中心に強力な打線と粘りで勝ち上がってきました。安定感のあるチームだけに甲子園でも落ち着いて持ち味を発揮してもらいたいですね。

愛媛県 西条高校
大本命が出場を決めました。投打共にドラフト上位候補と言われるエースで4番の秋山を中心に多彩な投手陣を揃え、得点力抜群の打線も魅力です。先発が多少打ち込まれても後を投げられる投手がいるのは魅力です。上位進出しそうなチームですね。

福岡県 九州国際大付属高校
失点も少なく、得点力も十分で、理想的なチームです。強力打線の中軸に座る捕手の河野の評価は非常に高く、4番の榎本も強打者です。

大分県 明豊高校
順当に勝ち上がってきましたね。投手としても野手としても一流の今宮は甲子園でも投打で活躍してくれそうな予感です。優勝候補の一角に名を連ねるチームですね。

佐賀県 伊万里農林高校
初出場です。圧倒的な強さというわけではないものの、エースで4番の投打の柱・吉永を軸に粘り強い野球で勝ち上がってきた印象です。

長崎県 長崎日大高校
センバツ優勝投手の清峰高校今村に投げ勝ったエースの大瀬良が一気に株を上げました。清峰に勝ったのですから、甲子園でも良いところまで行ける力は持っていると思います。楽しみですね。

宮崎県 都城商高校
打力で勝ってきた印象がありますが、投手陣もよく抑えているという投打のかみ合ったチームです。藤本、内田、松原のクリーンナップに注目です。

熊本県 熊本工業高校
安定したエースの月田、4番の強打者今村、5番の好打者糸永は、いずれも2年生と若いチームです。ここから来年のドラフト候補が生まれそうな予感です。

鹿児島 樟南高校
甲子園の常連校ですね。今年は特別目立った選手がいるというわけではありませんが、総合力で接戦を制してきました。こういうチームは戦いながらレベルを上げてくるので楽しみです。

沖縄県 興南高校
左腕トルネードの島袋(2年生)は、センバツで9回無失点ながら延長で敗れましたが、強烈なインパクトを残しました。リベンジに燃えています。


2009-08-04 18:25  nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

Mee

トーナメント表もプリントアウトしたし、
この記事を参考に高校野球を楽しみたいと思います!
by Mee (2009-08-07 23:57) 

kaz

>Meeさん
ありがとうございます!
個人的な優勝予想は中京大中京高校です。花巻東の菊池ももちろんですが、明豊の今宮、中京の堂林、西条の秋山あたりは大注目の選手です。
by kaz (2009-08-08 11:56) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。